クラウドと聞いて

クラウドコンピューティングをご存知ですか。わたしも詳しく説明するほどの知識ではありませんので、クラウドコンピューティングについて、リサーチしてみたいと思います。クラウドコンピューティングとは、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態のことです。ユーザーはコンピュータ処理を、ネットワーク経由でサービスとして利用します。少し難しい説明になるかもしれません。ここからは、「イメージ力」が大切になりますよ。

わたしも設計関係へ勤務していましたが、ややこしいことは「イメージ

する」ことに努めました。一度聞いてもなかなか理解にほど遠い場合は、展開図などの絵を書いて表現してみるといいですよね。では、話題を戻しましょう。「クラウド」は雲という意味なのですが(英・cloud)、「ネットワーク」と例えてみましょう。(従来より、コンピュータシステムのイメージ図ではネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来とされているようです。)

従来のコンピュータ利用は、ユーザーがコンピュータのハードウェア・ソフトウェア・データなどを、自己管理していたのに対して、クラウドコンピューティングではユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う形になります。ユーザーが用意するのは、最低限の接続環境のみです。それに加えて、クラウドコンピューティング利用料金が発生します。実際に処理が行われるコンピュータ及びコンピュータ間のネットワークは、サービスを提供する企業側に設置されています。それらのコンピュータ本体やネットワークの購入・管理運営費用や蓄積されるデータの管理の手間は軽減されるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クラウドと聞いて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Posted in ブログ

クラウドの便利な二点

クラウドとは英語で雲の意味を表す言葉で最近では、コンピューター用語としてコンピューターのデータを自分のパソコンや携帯モバイル等に保存するのではなくインターネット上のサーバーに保存する方法のことを表しているらしいです。最近の自分は若い頃と違い仕事で必要なコンピューターの技術に関しては関心を持って勉強しているところでありますが、必要ないところのコンピューターの技術についてはうとくなってしまっていました。

コンピューターの技術の発展は非常に速いのでついていくのが難しいです。そもそも今の自分にはク

ラウド技術を利用することがなかったわけで、利用してみれば非常に便利な機能のようなので少し利用してみようかなと思いました。どこにいてもネット環境に接続することが出来るのであれば、自分の保存していたデータを見たり、聞いたり、書き直したり出来るわけで仕事を家に持ち帰ることが出来る等、使い方はいろいろで非常に便利そうです。

データをインターネット上に保存しておくことでさらに便利なポイントがあると思います。今までのようにパソコンや携帯モバイルにデータを保存しておくと、パソコンのハードディスクが壊れてしまった、ノートパソコンにジュースをこぼしてパソコンが起動しない、携帯モバイルをトイレに落としてしまう等、物理的にデータが消去されてしまうことも日常ではありえます。データをクラウドに保存しておくことで、すぐに回復が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クラウドの便利な二点
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Posted in ブログ